仮想通貨取引所

リップル現物取引手数料が無料【国内】Liquid取引所の特徴や口コミまとめ

リップル現物取引手数料が無料【国内】Liquid取引所の特徴や口コミまとめ

Liquidは、仮想通貨取引の流動性を高める独自のシステムを取り入れた仮想通貨取引所として注目されています。

日本を拠点とした取引所ということで、コンビニやネットバンキングでクイック入金できる手軽さも魅力です。

しかし、国内取引所でもハッキング事件が起こったり、金融庁から業務改善命令が出たりと、すべてが安心して利用できるとは限らないのが現状ですよね。

今回はリップルを買える仮想通貨取引所「Liquid」とはどんな取引所なのか、特徴やメリット・注意点などを解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Liquidとは

Liquidは日本のQUOINE株式会社が運営する国内取引所です。

Liquidの読み方は「リキッド」、会社名のQUOINEは「コイン」と読みます。

もともとはQUOINEXという名前の仮想通貨取引所でしたが、2018年の9月から名称がLiquidとなり新しくリニューアルしています。

Liquidは液体という意味の言葉で、仮想通貨取引に液体のような流動性をもたらすというコンセプトです。

日本の金融庁が仮想通貨取引所の登録制をスタートしたとき、一番最初に認可された仮想通貨取引所でもあります。

Liquidの特徴

日本には仮想通貨取引所は数多く存在しますが、その中でLiquidにはどのような特徴があるのか解説します。

高い流動性をもつ独自の取引システム

Liquidの特徴は、その名前からもわかるとおり流動性の高い取引ができるところです。

仮想通貨取引の流動性を簡単に表現すると、

  • 売りたいときに素早く売れる
  • 買いたいときに素早く買える

これが流動性です。

Liquidではワールドブックというシステムと、為替レートを自動で調整できるシステムを採用することにより、高い流動性を確保しているのが特徴です。

入金できる法定通貨は日本円だけでなく、米ドルやアジア各国の通貨などさまざまあり、日本人ユーザーだけでなく世界中にオープンな仮想通貨取引所です。

ユーザーを日本人に限定していないため、ユーザーが多く、利用者同士をマッチングするシステムが優れていますので、高い流動性が確保されているというわけです。

取り扱い通貨は5種類

Liquidで扱われている仮想通貨は以下の6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • キャッシュ(QASH)

ビットコインをはじめとして、時価総額上位の定番のアルトコインが扱われています。

見慣れないQASH(キャッシュ)という仮想通貨は、Liquidの取引所内で発行される「独自トークン」です。

QASHを持っていると、将来的にLiquidサービス内で特典を受けることができます。

仮想通貨取引所が独自トークンを発行する例としては、海外取引所のバイナンスコインがとても有名ですよね。

Binance仮想通貨取引所【海外】特徴や口コミ・メリット・注意点まとめ
Binance仮想通貨取引所【海外】特徴や口コミ・メリット・注意点まとめ仮想通貨取引所Binanceは、100種類以上の銘柄を扱っている規模の大きな仮想通貨取引所です。 アルトコインや草コインを扱ってい...

バイナンスコインは仮想通貨全体の時価総額トップ10に入るほどの「取引所独自トークン」です。

LiquidのQASHについても、Liquidが取引所として発展していき、QASHを買いたい人が増えれば、QASHの値動きで儲けるということも可能です。

BinanceのBNBの例のように、取引所の独自トークンはひとつの仮想通貨として投資の対象になるほどです。

レバレッジ取引も可能

Liquidでは、仮想通貨のレバレッジ取引ができるのも特徴です。

ビットコインとイーサリアム・リップルが倍率最大4倍の仮想通貨FXに対応しています。

現物取引もできますし、レバレッジ取引もできますので、長期保有(いわゆるガチホ)にも使えますし、値動きの差額で儲けるFXにも使える取引所です。

Liquidのレバレッジ倍率は、以前は最大25倍でしたが、現在は最大4倍に変更されています。

日本仮想通貨交換業協会が国内取引所はすべて最大4倍にすると決めたため、それに従った形です。

レバレッジ倍率「4倍」とは低く感じられる方も多いと思いますが、国内取引所は一斉に4倍になっていますので、Liquidだけ倍率が低いわけではありません。

高い倍率で取引したい人は海外の仮想通貨取引所を使うのがおすすめです。

人気のBitMEX仮想通貨取引所って?【海外】口コミ評判・メリット・注意点まとめ
人気のBitMEX仮想通貨取引所って?【海外】口コミ評判・メリット・注意点まとめBitMEXは日本語に対応しており、海外の取引所でレバレッジ取引をしたい人におすすめの取引所です。 ですが、海外の取引所はレバレッ...

Liquidのメリット

日本国内には仮想通貨取引所がたくさんありますが、その中でLiquidのメリットはどのようなところなのか解説します。

現物取引は全て手数料無料

Liquidは現物取引の手数料が無料です。

通貨ペア手数料
BTC/日本円無料
ETH/日本円無料
XRP/日本円無料
BCH/日本円無料
QASH/日本円無料

現物取引であれば、どれだけ取引しても取引料金は無料ですので、こまめに買ったり売ったりすることができるということですね。

仮想通貨取引が初めての人でも、お小遣い程度の日本円を入金して、ビットコインを自由に売り買いしてみると仮想通貨取引を体験できますよ。

ワールドブックと為替調整システム

Liquidオリジナルの特徴となるのが、ワールドブックと為替調整システムによる流動性の高い取引です。

仮想通貨を投資の対象として考えたときに、流動性が低いと、急に現金が必要になったとき換金できず、リスクになってしまいます。

Liquidなら流動性を確保するための独自のシステムを複数備えていますので、流動性リスクを軽減できます。

Liquidのプラットフォームはひとつのダッシュボードに色々な取引機能が集約されています。

管理画面にアクセスするだけで、新しい投資対象となる仮想通貨を探したりレバレッジ取引ができたりと、ニーズに応じた取引ができます。

ワールドブックというシステムで、世界中の取引所の注文をLiquidの管理画面に表示しており、手軽に様々な情報へアクセスできるようになっています。

Liquidは日本だけでなく世界のユーザーも対象としている仮想通貨取引所なので、日本円を使う日本人ユーザーだけでなく、海外の通貨で取引する海外ユーザーとも通貨調整システムでマッチングしてくれます。

ユーザーとしては、ワールドブックや自動通貨調整システムについては特に意識しなくても、世界中のユーザーとマッチングできますので、希望通りの注文が通りやすい(=取引の流動性が高い)のが大きなメリットです。

100%コールドウォレットで管理

Liquidはセキュリティを重視しており、顧客資産の100%をコールドウォレットで管理し、さらにマルチシグにも対応しています。

Liquidの公式サイトでも「セキュリティは我々のDNA」と紹介されており、安全性・信頼性が高い点がメリットです。

コールドウォレットとは、インターネットから遮断した場所に仮想通貨を保管する管理方法です。

コインチェックの事件は、流出した通貨の保管にコールドウォレットを使用しておらず、インターネット経由でハッキングされるという事件に発展しました。

最近起きたBITPointのハッキングも、顧客資産をオンラインで管理していたことが原因です。

コールドウォレットならインターネットに繋がっていませんので、インターネット経由でハッキングされる心配がありません。

100%コールドウォレット管理ということは、Liquidのオフィスに侵入して物理的にウォレットを窃盗しない限り、仮想通貨を盗めないため、Liquidはハッキングに強い仮想通貨取引所と言えます。

マルチシングは、仮想通貨の送金に必要な秘密鍵を分割することでリスクを軽減する運用方法です。

Liquidはコールドウォレット管理とマルチシグの採用を徹底していますので、安心して利用できる仮想通貨取引所です。

Liquidの口コミ・評判

SNSでのLiquidの口コミや評判もまとめますね。

Liquidの注意点

ハッキングに強い点が人気のLiquidですが、注意点もありますので確認しておきましょう。

日本円の出金に時間がかかる

Liquidのデメリットとして、日本円の出金手続きに時間がかかる点があげられます。

Liquidを利用した人の口コミを調べてみると「出金が遅い」という意見や体験談がたくさん見つかります。

Twitterでは過去に申請から1週間たつのに、まだ出金が完了しないという投稿もあったようです。

入出金に時間がかかるのは、その分セキュリティ対策を万全にしているということですが、せっかくの国内取引所ですので日本円の出金が早急にできるともっと魅力的な取引所になりそうですよね。

なお日本円の入金については、クイック入金でリアルタイム入金しますので問題ありません。

日本円を出金する申請に日数がかかるということを覚えておきましょう。

取り扱いコインが少ない

Liquidでは、取り扱われている仮想通貨の種類が少ないのもデメリットとなるでしょう。

QASHが買えるのはLiquidだけですが、それ以外はどの取引所でも扱われている定番コインだけです。

Liquidはセキュリティ最優先の仮想通貨取引所で、マルチシグに対応した信頼性の高い仮想通貨しか取り扱わないため、マイナーな通貨は上場させない方針となっています。

Liquidは、将来性のあるアルトコインや草コインを買うという用途には適していない取引所です。

色々なアルトコインや草コインを買いたい人は、Binanceなどの海外取引所を使うのがおすすめです。

まとめ

Liquidは日本を拠点としていますが、世界にオープンな仮想通貨取引所です。

日本円や米ドル以外にも多数の法定通貨に対応しており、独自システムで流動性の高い取引を実現しているのが特徴です。

顧客資産の100%をコールドウォレットで管理しているというセキュリティ面で安心感があるのもよいところですね。

口コミでは出金に日数がかかるという体験談はあるものの、セキュリティがしっかりしている証とも言えます。

全ての取り扱いコインの現物取引における手数料が無料ですので「現物購入用の仮想通貨取引所」として利用するのが、安全性も高く特におすすめの利用方法です。