仮想通貨取引所

入出金・取引手数料【無料】初心者におすすめGMOコインの特徴・口コミ・注意点

GMOコイン

仮想通貨に投資してみたいけど、仮想通貨取引所はどこがよいのか分からない…と初心者なら戸惑ってしまいますよね。

国内取引所の特徴は、正直なところ、どのサービスも似かよっています。

国内・海外といろいろな取引所がありますが、投資初心者や仮想通貨の取引が初めての人でも使いやすいのがGMOコイン

ここでは、GMOコインならではのメリットや特徴・注意点解説します。

ぜひご参考にしてくださいね。

GMOコイン

GMOコインとは

GMOコインは、インターネット関連や為替FXで有名なGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

設立は2016年、2017年9月に仮想通貨交換事業者として金融庁の認可を受けています。

もともとインターネット事業をメインとしているグループ、しかも東証一部上場企業なので、企業としての信頼性は高く、安心して使える取引所です。

急にサービス終了したり、突然運営会社が倒産してしまうというリスクはほとんどない、と考えてよいでしょう。

さらに、グループ内にGMOクリック証券という証券会社があります。

株の取引や為替FXの取引所を運営している実績がありますので、その点でも安心して利用できるのがよいところです。

GMOコインは国内では早い段階で仮想通貨取引所を開設し、金融庁の認可もスムーズに取得しています。

有名企業の安心感があり、さらに金融関連でのノウハウもありますので、仮想通貨の取引に慣れていない初心者でも登録しやすい取引所です。

GMOコイン

GMOコインの特徴

GMOコインの特徴をまとめていきます。

GMOコインは初心者が使いやすい取引所

GMOコインは、日本円の入出金ができて、仮想通貨売買が気軽にできる初心者向けの取引所です。

GMOコインでの仮想通貨の買い方は、

  1. 売買する仮想通貨を決める
  2. 買う / 売る を決める
  3. GMOコインの提示価格を確認する
  4. 数量を入力する

この流れで取引は成立します。

ユーザー同士の仮想通貨取引ではなく、GMOコインと売買する取引のため、投資の専門的な知識は必要ありません。

1,000円未満のお小遣い程度の金額から仮想通貨投資を始めることができますので、ビットコインの売買が全く初めての人でも使いやすいのが特徴です。

取り扱い仮想通貨は定番の5種類

GMOコインの取り扱い仮想通貨は以下の5種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

時価総額上位常連の、定番の仮想通貨の現物取引ができます。

この5種類全てにおいて、GMOコインと直接売買することができます。

GMOコイン相手の売買となるため、売買する数量が多い場合でも即座にその場で購入でき、仮想通貨をスムーズに行いたいときにおすすめです。

レバレッジ取引も可能

上記5種類のコインすべてで、レバレッジをかけたFX取引ができます。

GMOクリック証券で「為替のFXサービス」を運営している実績がありますので、仮想通貨のレバレッジ取引でも本格的な環境が整っています。

現物取引は初心者向けですが、レバレッジ取引では経験のあるトレーダーでも納得のできる本格的な取引ツールを利用できます。

アプリ「ビットレ君」でテクニカル分析

レバレッジ取引では、仮想通貨専用の取引スマホアプリ「ビットレ君」が使えるのも特徴です。

ビットレ君アプリはトレーダーの間でも「使いやすい」と評判のアプリですよ。

仮想通貨プロトレーダーも活用【テクニカル分析】の基本を学んで儲けよう
仮想通貨プロトレーダーも活用【テクニカル分析】の基本を学んで儲けよう仮想通貨通貨取引に参加する全てのトレーダーは、 「少しでも多く儲けたい」 このように願いながらトレードを行っています。 ...

外出先でもリアルタイムでチャートを確認しながら注文ができ、スマホアプリにもかかわらず、9種類のテクニカル分析を行うこともできます。

GMOコイン

GMOコインのメリット

他の国内取引所と比較したとき、GMOコインのメリットとなる点をご紹介します。

取引や入出金など、各種手数料が無料

GMOコインのメリットとしてまず挙げられるのは、取引手数料や入出金の手数料などの各種手数料が「無料」な点です。

特に、数量の多い注文をする場合、手数料無料であることは大きなメリットとなります。

たとえば、GMOコインでまとまった数量のビットコインを購入し、それを海外の取引所に送金して売買に使う、という使い方もおすすめできます。

GMOコインに預けている日本円資産も手数料無料で出金できますので、こまめに入金と出金を繰り返しても手数料で損をすることはなく、気軽に使える取引所といえるでしょう。

もちろんGMOコインの口座開設も無料ですし、維持費もかかりませんよ。

取引所の選び方で損する?仮想通貨取引の手数料を徹底解説【総まとめ】
取引所の選び方で損する?仮想通貨取引の手数料を徹底解説【総まとめ】金融機関を介さず「国や地域、時間帯に縛られることなく資産のやり取りを直接行えるシステム」として、ブロックチェーン技術を使った「仮想通貨」...

日本円の入金が簡単

日本円の入金が簡単な点も、GMOコインを使うメリットです。

入金方法は、

  1. 振込入金
  2. 即時入金

上記の2種類の方法があり、いずれも手数料無料です。

特に便利な入金方法は、ネットバンキングを使って入金する「即時入金(クイック入金)」です。

即時入金は、

楽天銀行や住信SBIネット銀行などのネット銀行に加え、三菱UFJ銀行やりそな銀行など大手銀行のネットバンキングも使えます。

預金口座の日本円をGMOコインへすぐに入金・取引できるのは、国内取引所ならではのメリットですね。

海外取引所を使ったことがある人にとっては、馴染みのある国内銀行から手数料無料で即時入金できる仕組みは、とても便利だと感じられるはずです。

万全のセキュリティ対策で安心

セキュリティ対策にも力をいれているGMOコインは、安心して利用できる取引所と言えるでしょう。

2017年より、国内取引所はすべて金融庁の登録制になっていますが、GMOコインは比較的早い時期である、2017年9月に認可を得ています。

具体的なセキュリティ対策としては、顧客資産をインターネットから遮断した場所に保管する、

  1. コールドウォレット
  2. ログイン時の2段階認証

この2点を採用しています。

国内取引所でもハッキング事件の被害に遭うケースがありますが、GMOコインでは金融庁の指示通りのセキュリティ対策が行われています。

FXで取引高1位になった実績のあるGMOクリック証券の運営ノウハウが活かされていますので、安心して利用できる仮想通貨取引所と言えるでしょう。

GMOコイン

GMOコインの口コミ・評判

Twitter上でのGMOコインの口コミをまとめてみますね。

GMOコイン

GMOコインの注意点

ここまで、GMOコインの数々のメリットを紹介してきましたが、デメリットや注意点についてもしっかりと確認しておきましょう。

取引板での指値注文はできない

GMOコインでの現物取引は、すべて業者であるGMOコインと直接売買します。

板取引がありませんので、売買価格を指定する注文方法「指値注文」ができない点は注意が必要です。

もし、GMOコインが提示している通貨の価格に納得できない場合は、

  • 価格が動くのを待つ
  • 他の取引所を使う

この選択肢しかありません。

お得に安く仮想通貨の売買をしたい方は、bitbankLiquidなどの「板取引ができる仮想通貨取引所」とあわせて利用するのがおすすめです。

スプレッドが実質手数料となる

GMOコインでは、入出金や仮想通貨の現物売買は手数料無料です。

ここで「どこでGMOコインは儲けているの?」と不思議に思う人もいるかもしれませんね。

GMOコインではスプレッド(買値と売値の価格差)が、実質的な手数料になっています。

同時刻で「販売価格」と「買取価格」を比較したとき、必ず販売価格の方が高くなっていますので、気になる方は確認してみてくださいね。

ユーザーとしては「値動きを見極めて安いときに買い、高いときに売る」ことができれば、手数料無料で売買し、利益を得ることができます。

販売所形式の取引所はコインチェックなどもあります。

その取引所のスプレッドが広いのか狭いのか、売買のタイミングで注意しながら、お得に安く取引できる取引所を選ぶことが大切です。

GMOコイン

まとめ

GMOコインは5種類の仮想通貨の売買ができる仮想通貨取引所です。

GMOグループといえば、FXで有名なGMOクリック証券を運営している会社なので、仮想通貨取引所も安心して利用できるのがメリットです。

ユーザー同士での取引はできず、すべてGMOコインと直接売買する販売所形式となっていますので初心者向きといえるでしょう。

投資が初めての人でもすぐに馴染むことができますし、入金も早いため、即時にコインを購入したいときにもおすすめです。

手数料無料でクイック入金ができたり、日本円の出金手数料が無料な点は嬉しいですね。

初心者向けの仮想通貨取引所を探している人にとって、検討対象となる取引所です。

GMOコイン