仮想通貨取引所

取引所の選び方で損する?仮想通貨取引の手数料を徹底解説【総まとめ】

取引所の選び方で損する?仮想通貨取引の手数料を徹底解説【総まとめ】

金融機関を介さず「国や地域、時間帯に縛られることなく資産のやり取りを直接行えるシステム」として、ブロックチェーン技術を使った「仮想通貨」は開発されました。

インターネット上で資産価値のあるデータ取引を行うのが仮想通貨取引ですが、トレーダー間で直接取引されるケースは珍しく、一般的には取引仲介を行う仮想通貨取引所を使って取引は行われています。

仮想通貨取引所は他の金融機関と同様に、取引仲介で得られる利益で運営される営利団体です。

つまり、取引所を使うと手数料が発生するということですね。

現在は、無料キャンペーンを行う取引所が多く存在しますが、キャンペーン期間は明確にされていません。

各種手数料の設定は取引所が行うため、取引所によってバラつきがあり、取引口座開設の際には「キャンペーン終了後でも手数料が安い」取引所を選ぶことが重要です。

直接取引でも手数料は生じる

取引データに全ての取引履歴が記録されるのがブロックチェーンの特徴です。

仮想通貨の取引には取引承認が必要となり、取引承認を受け、ブロックチェーンに記録された時点で取引が成立します。

PoW(ProofofWork:プルーフ・オブ・ワーク)やPoS(ProofofStake:プルーフ・オブ・ステーク)などが代表的な取引承認のシステムとして挙げられますが、双方とも取引承認を受けるためには手数料が必ず必要となります。

  • 承認作業はマイニング
  • 承認手数料はマイニング手数料

このように呼ばれ、仮想通貨取引所を介さないトレーダー間の直接取引でもマイニング手数料は発生します。

仮想通貨取引所で生じる手数料

一般的な金融機関で入金や出金・送金などを行うと手数料が発生しますよね。

仮想通貨を取り扱う金融機関である仮想通貨取引所でも、これらの手数料の概念は存在します。

ただし、現在は次にあげる手数料に関しては無料の傾向にあると言えます。

  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 取引口座への法定通貨の入金手数料
  • ウォレットへの仮想通貨の受金手数料

取引口座への法定通貨の入金手数料が無料の場合でも、振込でかかる振込手数料は利用者負担となるので、仮想通貨取引所の提携金融機関で自行内振込を利用するなどの工夫が必要となります。

また、取引口座からの法定通貨出金を行う際の出金手数料や、ウォレットから仮想通貨を送金する際の送金手数料なども、仮想通貨取引で発生する手数料として挙げられます。

これらの手数料に関しても、無料や格安の取引所があるので、取引所を選ぶときには注目すべきポイントだと言えます。

現物取引と信用(レバレッジ)取引

仮想通貨取引には、

現物取引手持ちの法定通貨(国内取引の場合は日本円)や仮想通貨を利用して行う取引
信用取引証拠金(保証金)を仮想通貨取引所に預け、手持ち資金にレバレッジをかけた取引を行う取引

この2つの取引方法があります。

仮想通貨取引所で仮想通貨取引を行う場合、現物取引と信用取引では発生する取引手数料は大きく異なります。

現物取引に関係する手数料

現物取引は、手持ちの法定通貨や仮想通貨を用いて行うシンプルな取引方法ですが、

  1. 販売所取引
  2. 板取引

2つの取引方法があり、それぞれ発生する手数料が異なります。

取引手数料無料の取引所の多くは販売所方式

取引手数料無料を掲げる仮想通貨取引所に人気が集まる傾向があり、多くの取引所が取引手数料無料化を謳っていますが、手数料無料の取引所の取引方法は「販売所方式」であるケースが多いです。

販売所方式は、仮想通貨取引所が保有する仮想通貨を購入希望者に販売するもので、購入通貨銘柄のマーケット価格に「スプレッド」と呼ばれる取扱所の手数料が加算された上で販売されています。

取引にかかる手数料は発生しませんが、スプレッド幅が小さな取引所を選ぶことが、安く仮想通貨取引を行うポイントとなります。

板取引はテイカー・メイカーで手数料が異なる

仮想通貨取引所が設けた「板」と呼ばれる掲示板に、売買を希望している、

  • 通貨銘柄
  • 取引希望金額
  • 取引希望量

などを入力して、仮想通貨取引を行う方法が板取引です。

板取引では、

Maker (メイカー)
*取引を作った人
新たな取引を提案するトレーダー
Taker (テイカー)
*既存取引を取る人
既に提示されている取引を希望するトレーダー

このように呼びます。

仮想通貨取引所の取引を活性化させるメイカーは、一般的に取引手数料が安く、テイカーの取引手数料は高く設定される傾向にあります。
*取引所によってはテイカーとメイカーの取引手数料を同額で設定するケースも存在します。

つまり、メイカーの取引手数料が安く設定されている取引所を選ぶ方が、安く仮想通貨を買うコツだと言えます。

また、仮想通貨取引所が力を入れたい通貨銘柄に関しては、テイカー・メイカーともに取引手数料無料のキャンペーンを行っているケースもあります。

取引所のキャンペーン情報をしっかり確認しておくことも、効果的です。

信用(レバレッジ)取引に関係する手数料

仮想通貨取引所に「証拠金」と呼ばれる保証金を預け、手持ち資金にレバレッジをかけて仮想通貨取引を行う取引方法が「信用取引」です。

証拠金を預け、取引所から借り入れをしてレバレッジをかけた取引をすることになります。

信用取引は取引所にもよりますが、シンプルな現物取引と異なり、

  • 注文・約定手数料
  • ロスカット手数料
  • レバレッジ手数料

など、さまざまな手数料が発生します。

信用取引の注文・約定手数料

レバレッジ取引が確定した際に生じる手数料ですが、多くの取引所では「手数料無料」となっています。

信用取引のロスカット手数料

レバレッジ取引を行うなかで、含み損が証拠金を超える前に強制的に決済される処理を「ロスカット」と呼びます。

ロスカットが発生するタイミングで、ロスカット手数料が生じる取引所があります。

信用取引のレバレッジ手数料
  • ポジション管理料
  • スワップ手数料
  • 建玉管理手数料

このようにさまざまな呼び方で呼ばれているのが「レバレッジ手数料」です。

取引ポジションを一定期間維持するために必要な手数料で、日付・もしくは指定の時間をまたぐ際に発生するのが一般的です。

安い手数料でXRPの取引ができる取引所

金融庁が日本居住者に対する、海外仮想通貨取引所の利用規制強化を開始したことを受け、海外の人気仮想通貨取引所は日本居住者向けのサービス提供を停止する流れが発生しています。

現在、国内でリップルの取扱いがある仮想通貨取引所は複数存在しますが、安い手数料でお得にリップルの取引ができる取引所は次にあげるとおりです。

販売所方式で安くリップルを購入できる取引所

スプレッド幅がポイントとなる販売所方式でのリップルの取引におすすめな取引所は、次の4社です。

  • Liquid
  • Coincheck
  • GMOコイン
  • DMMBitcoin

板取引でお得にリップルを購入できる取引所

メイカーとテイカーで取引手数料が異なる板取引ですが、いずれの取引でもお得にリップルの取引が行えるおすすめの取引所は次の3社です。

信用取引でリップルの売買ができる取引所

信用取引ができる取引所は多数存在しますが、残念ながらリップルの信用取引ができる取引所はあまり多くありません。
レバレッジを掛けたリップル取引ができるのは次の3社のみとなっています。

安い手数料設定は仮想通貨取引所を選ぶ重要ポイント

リップルをはじめとした仮想通貨を取引する場合、

取引方法現物取引 / 信用取引
現物取引販売所方式 / 板取引

さまざまな選択肢があります。

いずれの取引方法を選ぶ場合も、仮想通貨取引所で生じる手数料はしっかりとチェックしておくべきですね。

仮想通貨取引所の公式サイトで各手数料を公開していますので、手数料額は必ず確認し、お得に安くリップルの仮想通貨取引を楽しんで下さいね。