仮想通貨取引所

アルトコインのレバレッジ取引ならCryptoGT【海外】特徴や注意点まとめ

アルトコインのレバレッジ取引ならCryptoGT【海外】特徴や注意点まとめ

CryptoGTはレバレッジ倍率最大200倍と、ハイレバレッジで仮想通貨を取引できることで注目されている海外の仮想通貨取引所です。

レバレッジ倍率が高いほどハイリスクハイリターンになりますので、安全な取引所なのかどうかしっかり確認したいですよね。

この記事ではCryptoGTの特徴やメリット・注意点などを解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

CryptoGT 公式サイト

CryptoGTとは

CryptoGTは高いレバレッジ倍率でハイリスクハイリターンの取引ができる、レバレッジ取引専門の仮想通貨取引所です。

読み方は「クリプトGT」で、以前はCryptCMという名前で運営していましたが、新しい名前に変わっています。

CryptoGTの拠点はキプロスにあり設立は2018年6月と新しい取引所ですが、ほかの取引所にはないメリットがあるため、特にプロのトレーダーから人気が出ています。

日本語で使え、日本語でのチャットサポートも受けられるため、英語ができない人でも使える海外の取引所です。

CryptoGT 公式サイト

CryptoGTの特徴

CryptoGTの特徴として、重要なポイントは以下のようなところです。

  • レバレッジ倍率が最大200倍
  • 仮想通貨FX専門の取引所
  • アルトコインのFX取引も可能
  • アルトコインを証拠金にできる
  • 追証なし

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

レバレッジ倍率は最大200倍

CryptoGTの特徴はなんといっても、レバレッジ倍率が最大200倍と非常に高いところです。

レバレッジ倍率が高いほど少ない証拠金で大きな額の取引ができるので、ハイリスクハイリターンのトレーディングにチャレンジできます。

投資にまわせる手持ちのお金はそこまで多くないけど、大きく稼げるチャンスがほしいというときにおすすめです。

いまのところCryptoGTは、仮想通貨FXのレバレッジ倍率では世界最大の取引所となっています。

アルトコインのFX取引も可能

CryptoGTではビットコインFXだけでなく、アルトコインでもレバレッジ取引ができます。

さらに、ビットコイン以外のレバレッジ倍率も最大200倍となっている点も大きな特徴です。

取り扱いのあるコインの種類は以下のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ダッシュ(DSH)
  • モネロ(XMR)

アルトコインを証拠金にできる

CryptoGTでは、円やドルなどの法定通貨(フィアット)ではなく、ビットコインなどの仮想通貨を証拠金として使います。

ハイレバレッジ取引ができることで人気のBitMEXでは、ビットコインを証拠金としますが、CryptoGTではビットコインはもちろんビットコイン以外も証拠金として使えるという特徴があります。

人気のBitMEX仮想通貨取引所って?【海外】口コミ評判・メリット・注意点まとめ
人気のBitMEX仮想通貨取引所って?【海外】口コミ評判・メリット・注意点まとめBitMEXは日本語に対応しており、海外の取引所でレバレッジ取引をしたい人におすすめの取引所です。 ですが、海外の取引所はレバレッ...

たとえば、イーサリアムやリップルなどの人気のアルトコインをたくさん保有している人は多いですよね。

こういった手持ちのアルトコインの一部を、CryptoGTでは証拠金として使えますので、仮想通貨上級者にとっては便利な取引所となるでしょう。

CryptoGTユーザーは、リップルを証拠金として使っている人が多いようです。

CryptoGT 公式サイト

CryptoGTのメリット

草コインが買える取引所として人気のBinanceをはじめ、日本人が使える海外のFX取引所はいくつかありますが、その中でCryptoGTにはどんなメリットがあるのかを紹介します。

ハイレバ取引ができる

CryptoGTの特徴として際立っているのが、レバレッジ倍率最大200倍という倍率の高さです。

レバレッジは「てこの原理」とも呼ばれますが、倍率が高いほど少ない元手で大きな金額の取引ができるようになります。

最大200倍ということは、10万円分の仮想通貨を証拠金として準備すれば、2,000万円分の取引ができるということです。

日本国内ではレバレッジ倍率の上限を取引所が自主的に引き下げており、今後も最大10倍未満の状況が続くと思われます。

CryptoGTは、レバレッジ取引を高い倍率でトレーディングしたいという人におすすめの仮想通貨取引所です。

なお、CryptoGTではビットコイン以外のビットコイン以外でもレバレッジ倍率が最大200倍というのも特徴です。

海外取引所でもビットコイン以外の取引のレバレッジ倍率は、最大で20~50倍という取引所が多いのですが、すべてのコインで最大200倍というのはCryptoGTならではのメリットです。

追証なしの安心感

CryptoGTでは追証なしのシステムを採用していますので、取引で損失が出ても追加の保証金を請求されることはありません。

つまり、最初に預け入れした証拠金よりも大きな損失が出ることはないため、計画的に取引ができます。

追証ありの取引所では、相場が急に大きく動いたときにサーバーの遅延でロスカットの処理が遅れることにより、証拠金以上の損失が出てしまうことがあります。

そうなると、後日追証が請求されてしまうということになります。

レバレッジ倍率が高い取引の場合、追証に必要な金額も大きくなるため、最悪の場合は借金を作ってしまう可能性もあるのです。

しかし、CryptoGTはそもそも追証というシステムがありませんので、預け入れ額以上の資産を失う心配がありません。

追証なしということは「ロスカットになりやすい」ことを理解しておく必要はありますが、預け入れた金額以上の損失が出ないことは安心感につながるでしょう。

取引ツールMT5が使える

CryptoGTではMT5という有名な取引システムが使えるのも特徴です。

MT5とは「Meta Trader5」のことで、為替のFXでも使われているプロ仕様のFX取引ツールです。

MT5は世界中のプロトレーダーから人気があり、CryptoGTではMT5のスマホアプリも使えるので外出先でも取引できて便利です。

日本語に完全対応

CryptoGTは海外の取引所ですが、日本語に対応していますので日本人でも安心して利用可能です。

取引所の入金やアカウントの操作など全て日本語でできますし、不明点があるときや問題が発生したときは日本語によるチャットサポートも受けることができます。

チャットのサポートは応答が早く、応対の質がよいということでSNSでも評判が良いため、海外取引所に苦手意識がある人でも問題なく利用できるはずです。

CryptoGT 公式サイト

CryptoGTの口コミ・評判

ここで、SNS(Twitter)上のCryptoGTの口コミや評判もまとめますね。

CryptoGT 公式サイト

CryptoGTの注意点

口コミでも評判がよくメリットも多いCryptoGTですが、いくつか注意点もありますので確認しておきましょう。

高いレバレッジ倍率はハイリスク

CryptoGTはレバレッジ倍率最大200倍と高いレバレッジでポジションをもてることが特徴ですが、レバレッジ倍率は高ければ高いほどハイリスクハイリターンとなります。

レバレッジ倍率を上げすぎてしまうと、相場が少し上下するだけでもロスカットになりやすいです。

追証はありませんので借金をしてしまうようなことはありませんが、ロスカットになると預け入れた証拠金が丸々の損失となってしまいます。

高いレバレッジ倍率で勝負をするとリスクが高くなるということを理解し、資金管理を十分に行うことが大切です。

現物取引はできない

CryptoGTは仮想通貨FX専門の取引所です。

証拠金を担保にレバレッジをかけ、相場変動で出る差益を儲けるための取引所です。

現物取引は取り扱っていませんのでご注意くださいね。

仮想通貨を購入し「資産」として所有したいという人は、Binanceのような仮想通貨の現物が買える海外取引所や、Liquidのような国内取引所を利用しましょう。

日本円の入金はできない

完全日本語対応で日本円と仮想通貨のペアも扱ってはいるものの、CryptoGTでは日本円を直接入金して証拠金とすることはできません。

証拠金として使えるのは、仮想通貨のみです。

CryptoGTはビットコイン以外のアルトコインを証拠金とすることができますので、他の海外取引所よりは自由度が高いといえるでしょう。

しかし、国内仮想通貨取引所のように、銀行から振込入金をしたり、コンビニで支払ったり…という手軽な入金はできないので注意してくださいね。

まとめ

CryptoGTはレバレッジ倍率が最大200倍で、アルトコインのFXができる点が特徴の海外取引所です。

海外の取引所ですが日本語に完全対応で、「レスポンスが早い」と評判のよい日本語サポートもありますので、日本人でも安心して使えますよ。

高いレバレッジ倍率によりハイリスク・ハイリターンの取引が実現するメリットにあわせて、追従なしの仕組みですので、大きく損害額を出してしまう可能性がないのも安心できるポイントです。

ただし、高レバレッジ取引はロスカットされやすい状況になるので、証拠金維持率などの資金管理は徹底的に行う必要があります。

CryptoGT 公式サイト