仮想通貨取引所

コインチェックは安全な仮想通貨取引所?特徴や口コミ・注意点まとめ

Coincheck

仮想通貨元年と言われた2017年ごろ放映されていた、コインチェックのテレビCMを覚えている人も多いのではないでしょうか。

入出金や仮想通貨取引の使い勝手がよく、国内取引所のなかでは取り扱い仮想通貨の種類が多いのが、コインチェックの特徴です。

しかし、2018年1月に報じられた流出事件があったことで、

「コインチェックは安心して使える仮想通貨取引所なのか」

気になる人も多いのではないでしょうか。

現在コインチェックは、東証一部上場企業の運営に変わっており、セキュリティ体制も整い、安心して使える仮想通貨取引所のひとつなっています。

今回はコインチェックの特徴やメリット・口コミ・注意点など、詳しく解説していきます。

コインチェックの歴史

コインチェックは東証一部上場のマネックスグループの子会社である「コインチェック株式会社」が運営する仮想通貨取引所です。

もともとはマネックスとは関係のないスタートアップ企業が起ち上げた仮想通貨取引所でしたが、ネム(XEM)の流出事件がきっかけでマネックスグループに買収されたという経緯があります。

コインチェックのサービス開始は2014年のことで、最初は日本でも数少ないビットコイン取引所としてスタートしています。

仮想通貨ブームが到来した2017年には、テレビCMを積極的に行った結果、知名度がアップし「仮想通貨取引が初めてのユーザー」を多く獲得したことから、国内トップクラスの取引所に成長しています。

その後、残念ながら2018年1月、有名なネム(XEM)のハッキング事件が発生します。

このときの被害額は約580億円で、それまで過去最高だったマウントゴックス事件の被害額を上回り、世界最大のハッキング事件となっています。

この事件の少し前、日本の金融庁が仮想通貨取引所の登録制を始めていましたが、コインチェックは認可される前の「みなし業社」の状態でハッキング被害に遭っています。

その後、マネックスグループが事業を引き継いで再建し、2019年1月に仮想通貨交換事業者として正式に認可されています。

コインチェックの特徴

数ある国内仮想通貨取引所の中で、コインチェックにはどのような特徴があるのかを解説します。

取り扱い仮想通貨が多い

コインチェックでは以下のように、10種類の仮想通貨が取り扱われています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ネム(XEM)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

ビットコインやイーサリアム・ライトコイン・リップルなど、定番のアルトコインをしっかりとカバーしています。

ほかにも、リスク・ネム・ファクトムなど、ほかの国内取引所では取り扱いが少ないものの、世界的に有名な時価総額上位のコインを購入することができます。

日本の仮想通貨「モナコイン」が買えるのも、コインチェックの特徴ですね。

コインチェックはアルトコインに興味が湧いたときに、日本円建てで手軽に買える仮想通貨取引所としてとても便利です。

なお、現在コインチェックでは現物取引のみで、レバレッジ取引は停止されています。

大企業の運営になりセキュリティも安全に

コインチェックはネム(XEM)の巨額流出事件がありましたが、そのハッキング事件を機に、マネックスグループ配下の仮想通貨取引所になっています。

マネックスグループはマネックス証券でも有名な東証一部上場企業ですので、運営会社の信頼性やセキュリティ面では、過去よりも安全性が高まっていると言えます。

具体的なセキュリティ対策としては、

  1. コールドウォレットでの顧客資産管理
  2. 2段階認証によるアカウント保護対策

この2点が徹底管理されています。

一度ハッキング事件の被害に遭ったことから、金融庁の監督もしっかりと実施されており、安心して利用できる仮想通貨取引所となっています。

仮想通貨関連の多彩なサービス

コインチェックは単に仮想通貨の売買ができる取引所としてだけでなく、仮想通貨に関連した多彩なサービスがあるのも特徴です。

Coinchek Lending

Coinchek Lendingでは、保有している仮想通貨をコインチェックに貸付して収入を得ることができます。

利率は最大年5%となりますので、銀行の預金とは比較にならない利率ですよね。

しかも、コインチェックで扱われているすべての通貨に対応していますので、ビットコインだけでなくイーサリアムやリップル、ファクトムなど、長期保有している資産を貸付して収入につなげることができます。

Coincheckでんき

自宅の電気契約をコインチェックと提携している「株式会社イーネットワークシステムズ」に切り替えることで、電気使用量に応じてビットコインがもらえる「Coincheckでんき」というユニークなサービスも行っています。

このような仮想通貨関連の多彩なサービスを行っているのは、国内トップクラスの取引所ならではと言えるでしょう。

コインチェックのメリット

国内取引所の中で知名度ではトップクラスのコインチェックですが、取引所としてのメリットはどのようなところなのか紹介します。

豊富な種類の仮想通貨を扱う国内取引所

コインチェックは、取り扱い仮想通貨の種類が多い点がメリットの取引所です。

すでに紹介したように、ビットコインやイーサリアムなど定番コインだけでなく、リスク・ネム・ファクトムなど、ほかの国内取引所では取り扱いがないコインでも購入できます。

日本の仮想通貨取引所は金融庁の認可がないと営業できず、扱える仮想通貨は、金融庁がそのコインの安全性や信頼性を確認し、問題ないと認めた通貨だけに限られます。

そのため、国内取引所は取引できるコインの種類が少ないところが多いのですが、コインチェックは比較的が取り扱い通貨が豊富な点がメリットです。

ビットコインだけでなく、アルトコインにも興味がある人におすすめです。

アルトコインの種類が豊富な仮想通貨取引所を探している方は、バイナンスなどの海外取引所で100種類を超えるコインを購入可能です。

Binance仮想通貨取引所【海外】特徴や口コミ・メリット・注意点まとめ
Binance仮想通貨取引所【海外】特徴や口コミ・メリット・注意点まとめ仮想通貨取引所Binanceは、100種類以上の銘柄を扱っている規模の大きな仮想通貨取引所です。 アルトコインや草コインを扱ってい...

しかし、海外の取引所は日本円を入金できなかったり、言語が英語になっていることもあり、初心者にはハードルが高いですよね。

安心で使いやすい国内取引所のなかで上場コインの種類が多い取引所なら、やはりコインチェックがおすすめです。

知名度が高く取引が活発

コインチェックは国内仮想通貨取引所の中でも知名度が非常に高いため、ユーザー数が多く取引が活発なのがメリットです。

出川哲朗さんのテレビCMは、仮想通貨に興味がない人でも知っているほど有名ですよね。

知名度が高くユーザーが多いということは、板取引をするときに希望通りの取引が成立しやすいというメリットがあります。

たとえば、これからビットコインの価格が上がると思うから多めに買いたいというときに、同じ取引所のユーザーでビットコインを売りたいと考えている人がいなければマッチングできず、売買は成立しません。

つまり、取引所内のユーザーが多ければ多いほど思い通りの売買ができるので、よりよい条件で、より素早く希望の取引ができます。

初心者にも使いやすい取引所

初心者でも豊富な種類の仮想通貨を売買しやすい点も、コインチェックのメリットとしてあげられます。

コインチェックの特徴は、取り扱われているすべてのコインを「販売所形式」で取引できる点です。

販売所形式とは、取引所のユーザー同士ではなく、仮想通貨取引所を運営するコインチェックと直接売買する方式を指します。

  1. 仮想通貨を買うか、売るのかを指定
  2. コインチェックが提示する価格を確認
  3. 価格に納得できれば数量を入力

このようなシンプルな設定をするだけで取引ができます。

数量の多い取引でも、お小遣い程度の金額でも、その場で気軽に売買できますので、仮想通貨取引が初めての人でもすぐに操作は覚えられるでしょう。

また、スマホなどモバイル端末向けの取引アプリも用意されているので、外出先で仮想通貨の売買も可能です。

コインチェックの口コミ・評判

ここで、Twitterから抜粋したコインチェックの口コミをまとめますね。

コインチェックの注意点

メリットの多いコインチェックですが、いくつか注意点もありますので確認しておきましょう。

板取引ができるのはビットコインだけ

コインチェックでは10種類の仮想通貨を取り扱っていますが、そのうちユーザー同士で板取引できるのはビットコインのみです。

その他のアルトコインは販売所形式で、コインチェックと直接売買の取引をします。

ということは、購入時の価格も売却時の価格も、常にコインチェク側が提示する金額となり、指値で取引することができません。

その分、気軽に売買できるため、初心者でも使いやすいのがコインチェックの魅力なのですが、少しでも有利な条件で売買したいなら、板取引ができる取引所にも登録し、取引によって取引所を使い分けるのがおすすめです。

また、コインチェックでは、現在はレバレッジ取引はすべて休止中となっていますので、現物取引でのみ取引が可能です。

レバレッジ取引にも興味があるなら、他の取引とコインチェックの両方を使い分けるようにしましょう。

レバレッジ取引でリップルを売り買いできる国内・海外取引所5選
レバレッジ取引でリップルを売り買いできる国内・海外取引所5選一服感が漂っていた仮想通貨市場ですがビットコインを中心に上昇トレンドの動きが見え始め、再び活気付き始めています。2012年に公開され優良...

販売所では「スプレッド」が手数料になる

コインチェックはビットコイン取引所(板取引)の取引手数料が無料に設定されていますが、販売所形式の売買ではスプレッドが「実質的な手数料」となりますので注意が必要です。

スプレッドとは、販売価格と買取価格の差額のことです。

取引所の選び方で損する?仮想通貨取引の手数料を徹底解説【総まとめ】
取引所の選び方で損する?仮想通貨取引の手数料を徹底解説【総まとめ】金融機関を介さず「国や地域、時間帯に縛られることなく資産のやり取りを直接行えるシステム」として、ブロックチェーン技術を使った「仮想通貨」...

コインチェック以外の取引所でも買えるコインを売買するときは、ほかの取引所のスプレッドと比較して、お得な方を利用するようにしましょう。

まとめ

コインチェックは取り扱い仮想通貨の種類が多く、初心者でも使いやすい点が特徴の仮想通貨取引所です。

ビットコインやイーサリアムなど定番のコインだけでなく、リスク・ネム・ファクトムなど、時価総額上位のアルトコインが手軽に買えるのは魅力的ですよね。

過去にはネムの流出事件がありましたが、現在はマネックスグループの取引所として安全にサービスを再開させています。

運営会社の信頼性や取引所としての安全性は以前より高まっていますので、安心・便利に使える国内取引所を探している人にもおすすめです。