消費者金融とは何か

テレビのCMや、雑誌、新聞、電車の中吊り広告で必ず目にするのは消費者金融の広告ですよね。一昔前に、サラ金地獄などと呼ばれて、悪いイメージがつきものだった消費者金融ですが、最近では可愛い動物キャラや、個性派の役者さん、可愛いタレントさんなどをイメージキャラクターにしてイメージ一新しています。利用者にとっては、少し馴染みやすくなったのではないでしょうか?

消費者金融とは、「無担保無保証で金銭融資を行う会社」の事を言います。金銭融資を行う金融機関は銀行などもありますが、これらの機関が担保や保証人を必ず必要するのとは違い、消費者金融とは「消費者の信用を担保として貸付を行う」のです。金銭的価値の高い土地や有形無形の財産ではなく、利用者そのものを担保として融資をするわけです。

消費者が信用出来る人物かどうか…そのような判断の基準とは一体なんなのでしょうか。消費者金融では、融資を出来る人物かどうか、利用希望者について徹底的に調べます。これを「審査」と言います。「審査」は様々な点から多角的に利用希望者を調べるものですが、中でも利用希望者の経済状況は大きなポイントと言えます。

消費者金融は長年「サラリーマン金融」という別名で普及されていましたが、これは「定職についている人を対象に現金を融資する。」という意味合いから呼ばれるようになったものです。きちんと毎日仕事に行き、毎月のお給料がもらえる安定した経済的背景があるかどうか…つまり、金銭融資したとしても、毎月の返済をキチンと行える経済状況であるかどうかは、利用希望者の信用を測る一番大きな条件となるのです。

無担保、保証人無しでまとまった現金を融資する消費者金融は、その融資にいたるまでのスピードも他金融機関と比較しても群を抜いています。即日融資ももちろん可能です。それであるが故に、返済時の利息が高い事も消費者金融の特徴のひとつでしょう。

サラ金、高利貸しなどのネガティブなイメージがなにかと多い消費者金融ですが、最近では女性利用者や自営業の利用者なども増えてきており、「サラ金」と呼ばれる事は少なくなってきました。

クレジットや融資を受けた事がないという人は少ないのではないでしょうか。例えば住宅購入、車購入、学校入学の資金などまとまったお金が必要になった時、冠婚葬祭などで余裕がないのに、ある程度のお金が必要になった時、そんな時に便利なのがキャッシングサービスです。消費者金融をはじめ、信販会社、IT系金融会社、銀行など現金を融資してくれる会社はそれぞれにアピールポイントがあるのです。

消費者金融は独立した事業、大手銀行との提携事業など、独自の戦略で利用者の拡大にむけて精力的に事業を展開しています。クレジットやキャッシングの利用希望者がますます増えています。しかし残念ながら、利息に苦しんで、借金が借金を呼び、返済不能となって自己破産に追い込まれるという人も後を絶ちません。利息が高いと分かっていながら、何故このような事態に陥ってしまうのでしょうか?その点についてもご説明して行きましょう。

このサイトでは、消費者金融の仕組み、消費者金融の上手な利用の仕方、返済計画のポイントなど、消費者金融について多角的に分析して行きます。


Copyright (C) 2008〜消費者金融mania. All Rights Reserved.